Q&A

うつ病で使われる薬とは?三環系、SSRI…わかりやすく説明!

みなさんこんにちは、A氏です。

今回はうつ病に使われる薬について説明していこうと思います!

みなさんが飲んでいる薬も出てくるかもしれません!
ぜひ最後までご覧ください!

うつ病で使用される薬って?効果は?

うつ病で使用される薬は大きく分けると以下のものがあります。

  • 三環系抗うつ薬
  • 四環系抗うつ薬
  • SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬、以下SSRI)
  • SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬、以下SNRI)
  • NaSSA(ノルアドレナリン・セロトニン作用性抗うつ薬)

それぞれ作用や副作用症状はありますが、いずれも抗うつ作用(抑うつ状態、思考・行動の抑制)の改善を図り、うつ状態に伴う身体症状の改善に効果があります。

抗うつ薬がなぜうつに効果があるのか

そもそも抗うつ薬がどのように体に作用しているのか?
簡単に説明していきます。

うつ病は脳内のセロトニンとノルアドレナリンという神経伝達物質の濃度が不足して起こるという仮説が存在します。

つまりうつ病の人は神経と神経の間のセロトニンとノルアドレナリンが不足している状態というわけです。

抗うつ薬はセロトニンとノルアドレナリンが神経に吸収されるのをブロック!

その結果、吸収されなかったセロトニンとノルアドレナリンが脳内に十分量あふれる、といった仕組みになります。

それぞれの薬の特性

もっと簡単に教えてプリーズ!という方のために
A氏が頑張って簡略化しました!↓↓

三環系抗うつ薬

いち早く開発された抗うつ薬。脳内のセロトニンとノルアドレナリンの濃度を高くする。SSRIやSNRIと比較すると副作用が出やすいが、その分効果も強い。

四環系抗うつ薬

副作用症状が少なく出るように開発された薬剤。脳内のノルアドレナリンの濃度を高くする。副作用は少ないが、効果もゆったり。

SSRI

脳内のセロトニンを活性化し、抑うつ状態を改善する効果がある。使用率が高い。うつ病だけでなく、パニック障害や強迫性障害、PTSD(心的外傷後ストレス障害)にも使用される。

SNRI

脳内のセロトニン、ノルアドレナリンの濃度を高くする。三環系抗うつ薬の副作用を少なくしたバージョン。

NaSSA

セロトニンとノルアドレナリンの活動を高める。

どうでしょうか?
だいたいどんな作用があるかつかめましたか?

主な薬剤名と副作用症状

それぞれの主な薬剤名と副作用症状をまとめました!

三環系抗うつ薬

トフラニール、トリプタノール:口やのどの渇き、立ちくらみ、動悸、眠気、便秘、排尿困難、目のかすみ 

四環系抗うつ薬

テトラミド:口の渇き、便秘、頭痛、眠気、集中力の低下

SSRI

ルボックス、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロ:食欲低下・嘔気、眠気、睡眠障害、頭痛、めまい、ふらつき

SNRI

サインバルタ、イフェクサー:吐き気、不眠、焦燥感、下痢、頭痛、倦怠感、排尿障害 

NaSSA

ミルタザピン(リフレックス、レメロン):眠気、食欲増進、めまい

個人の感想

A氏はレクサプロとイフェクサー、ミルタザピンを内服したことがあります。

それぞれの個人的な効果と副作用症状↓↓

レクサプロ→最初から現在までずっと内服している。一定の効果はあるが、吐き気の副作用症状あり。

ミルタザピン→不眠にものすごく効果があった!!でも眠気がかなり強く出るのと、太る、うつの症状にはあまり効果がなく中止に。

イフェクサー→効果が感じられずすぐに内服中止に。副作用は特に感じず。

といったところです。

まとめ

今回は以上の抗うつ薬について説明していきました。

他の病気でも使用されることが多い薬剤なので聞いたことのある薬もあったのではないでしょうか?

自分が使っている薬について知識があることは大事なことです!

この記事が参考になれば嬉しいです!

ABOUT ME
A氏
A氏 看護師兼うつ病患者兼ブログ初心者 精神疾患に関するお役立ち情報を自身の体調とともにお送りします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA